神奈川県伊勢原市 開基 行学院日朝上人 のお寺

HOME

法泉寺へようこそ
DSC02343.JPG本堂裏手崖上より、三浦半島まで一望できる【ごあいさつ】
ここ法泉寺は伊勢原市大山のふもと、標高約100メートルに位置する場所にあります。
歴史は古く西暦1400年後半に行学院日朝上人(以下日朝上人)が、僅か30歳で地元の人々の協力のもと、大変な苦労を重ねて一寺を建立されたのではないかと思います。
平成24年2月に法泉寺第34世中根上人がご遷化され、約1年後にご縁を頂き住職として迎えられました。
現代に至るまでの道のりはお寺を支える檀家の皆様と、歴代住職が努力を重ねてきたからこそ今の法泉寺があるものと思います。
日朝上人の「行学二道」(修行と学問)の志や先師の積み重ねてきた精神を引き継ぎ、ここ法泉寺で努めて参ります。

住職の紹介

住職 竹内 光照(タケウチ コウショウ)

神奈川県平塚市「善性寺」出身。
立正大学4年間を日蓮宗立学寮にて修行、僧侶としての基礎を学ぶ。
後、東京八王子市「大法寺まや霊園」にて10年間勤務。
後、千葉県市川市「本山 真間山弘法寺」にて7年間勤務。
平成25年4月「法泉寺」住職就任