神奈川県伊勢原市 開基 行学院日朝上人 のお寺

HOME > 法泉寺勧請の諸尊 > 七面大菩薩

法泉寺勧請の諸尊
【所願成就】七面大菩薩

DSC02738.JPG

【七面大菩薩由来】

 七面大菩薩は身延山の七面山に鎮座する神様です。
 その由来詳細はこちらにありますので省略しますが、当山法泉寺にも資料はありませんが、その昔お寺の裏山の頂き近くにお堂を建立して「七面堂」をお祭りしていたと聞いています。
 法泉寺の本堂には七面大菩薩がお祭りされています。その年代の詳細は不明ですが伊勢原の市の調査では江戸時代に作られた物ではないかと言うことです。
 こうしたことから考えますと、本堂の七面様は以前裏山の七面堂にお祭りされてたのではないかと考えます。





【七面大菩薩のご利益】

 身延七面山は、毎日のように多くの参拝者が登ります。
 登詣者の多くは様々な願いと目的を以て登ります。決して楽ではない山道でお題目を唱えながら登る方もいます。
 何度も登られる方は口々にこのように言います。「このお山に登る事が出来ると、様々な出来事が有り、結果問題が解決する事がある」
 七面山にご縁がある方は自ずと登る事が出来るが、縁がないと決して登り切ることが出来ないとも言われます。
 七面様のご利益は苦労して山を登り切り神様に願いを伝えることに意味があると思います。

【法泉寺の七面様】

 法泉寺の七面様は由来こそ分かりませんが、この地を身延山に見立ててお参りが出来るようにとの思いが感じられます。
 山に登ることはありませんが、七面様への願いは「七面様へ願をかけて」苦労を重ねる事が、願いを叶える第一歩であると感じます。
 先ずは七面様に願をかけにご参拝下さい。