金継ぎ体験会

物を大切にする智慧と技の結晶

伝統の金継ぎの技術

 《夏休み金継ぎ体験会開催》

金継ぎ(きんつぎ)は、陶器などの割れ、欠けを漆(うるし)で接着する技術で、古くは縄文土器にも使われていた、日本独自の伝統の修復技術です。
室町時代以降、「ありのままを受け入れる」という茶道精神から、壊れた物でも金継ぎの技術によって骨董品としての価値が上がりました。
人間学校では、ものを大切にする「心と技術」を体験して頂きたいとの講師の願いから始まりました。

先ずはお気軽に体験にいらしてください。
【日 時】夏休み期間中
■8月10日(水)、8月21日(日)
①午前10~12時 
②午後1時~3時
(法務の関係で変更となる場合もあり)
 
【場 所】法泉寺客殿(駐車場あり)
 

【参加費】体験会 1人 1000円
【講 師】ま~さ先生(大塚まさ代先生)
 
【定員】 6名
※予約が埋まり次第〆切となります。
※十分な感染症対策を講じて行います
※漆かぶれ等の対策は出来るだけ行います。
 十分に注意して下さい。
 
【持ち物】汚れてもよいエプロン・マスク・飲み物
 
【予約方法】
①下記電話にてご予約  
電話 090-8587-3129(大塚)
 
②ネット予約
下記 人間学校予約カレンダーからご予約