伊勢原の緑豊かな山のお寺

お寺の紹介

 
HOME | お寺の紹介

行学院日朝上人

宗門の中興の祖「日朝上人」 

身延山久遠寺第11世法主時代の偉業

日朝上人は41才で久遠寺の法主に就任するも業績は、多くの実績を残しました。
以来、日蓮宗では、日朝大上人を「宗門中興の祖」と仰ぎ、その業績を讃えて参りました。

  1. 宗門の統一
  2. 学僧教育の確立
  3. 身延山の整備拡張
  4. 500巻に及ぶ著述
  5. 関東一円の40ケ寺の新寺建立事業

法泉寺の守護神

比々多聖観音

様々な姿に変わり助けて下さる菩薩様

編集中

大黒福授尊天

財福・商売に御利益の神様

▶大黒尊天は日本では古くから大黒様と呼ばれ、七福神に名を連ね宗派問わず親しまれています。
▶日蓮聖人も大黒様を大切にされ大曼荼羅勧請の諸尊として、法華経を護る神様として位置づけられています。
▶大黒尊天の功徳は、「財福招聘」「複録倍増」など、とくに江戸時代には商売繁盛の神様として信仰されていました。
▶大黒様を信仰する事で「無量珍宝 不求自得」、数限りない宝は、求めずとも自ずから得る事が出来ると伝えられています。

鬼形・子安鬼子母尊神

img20200920085647.jpg img20200920090112.jpg

法華経守護の善神①

▶鬼子母尊神さまは、日蓮宗のご祈祷の本尊として祀られています。
▶日蓮宗のお曼荼羅には法華経守護の善神として、大黒様と対で向かって右に位置します。
▶鬼子母神さまは、元々鬼の母です。
▶お釈迦様がいらっしゃった時代に、お釈迦様の教えを守る人間、そして子供を守る誓いを立てたところから、子供を護って下さる神様としても有名です。
▶鎌倉時代に日蓮聖人も様々な法難を受け命を奪われかけた際に、鬼子母神さまが現れ命を救ったと伝えられています。

鬼子母神・十羅刹女

法華経守護の善神②

 編集中

七面大菩薩

身延山の七面山に鎮座する神様

▶由来詳細は当山法泉寺にも資料はありませんが、その昔お寺の裏山の頂き近くにお堂を建立して「七面堂」をお祭りしていたと聞いています。
▶法泉寺の本堂には七面大菩薩がお祭りされています。その年代の詳細は不明ですが伊勢原の市の調査では江戸時代に作られた物ではないかと言うことです。
▶法泉寺の七面様は、身延山・七面山に行かれなくとも、法泉寺にてお参りが出来る場所であったと考えられます。

本門 喜徳稲荷尊天

法泉寺のお稲荷さん

 編集中